マインクラフト - 村人の家の作り方

マインクラフト - 村人の家の作り方を動画で公開しました。
3,4Stepでマインクラフトの村人の家を作ることができます。

 

わかりやすくつくりましたので参考にどうぞ。

 

用途
匠によって勝手に家がリフォームされてしまい、元に戻したい。
自動生成された村人の家が少なかったので増やしたい。

 

小さな家
肉屋
図書館
教会
大きな家
鍛冶屋

 

などそろっています。

V1

モデルハウス Ver1

 

V2

モデルハウス Ver2

 

V3

モデルハウス Ver3 Part1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2020年4月12日 (日)

VR Chatのわーるど(09)

VR Chat で MMD のアバターが踊るワールドがあったので見てみました。

Mm1
曲選択。

ステージの前には鏡があり、開始すると自分のアバターが勝手に踊り始める
(BOOTHで購入した幽狐族のお姉さんを改造したものが使っているアバター)。

Mm2

Mm4

ミクさんも目の前で踊る。振り回した髪が当たりそうな距離で鑑賞。
自分は移動できなくて、ステージの真ん中に立っている感じになる。
目線だけ動かせる。

Mm3

動画

ニコニコ動画のURL

| コメント (0)

2020年3月28日 (土)

VR Chatのワールド(08)

居心地がいいワールド。

Home of the Highlands 山のお家

T1_20200328094501

滝のところにエビがあったのでつかんでみた。ゆらすとプルンプルンする。

T1_20200328094701

VR のフルトラッキング(体にセンサーを追加してつけると6点トラッキングや10点トラッキングができる)だと
寝っ転がれるので、仮想のワールドの中でマジ寝している人もいるという。

T1_20200328094801

T1_20200328095001

このワールドの中に天体望遠鏡が置いてあったので、月を見てみた。
VRの中で使えるストリームカメラのレンズの前に置いてどういうふうに見えるかを撮影中。

T1_20200328095101

このワールドには一日がある。一日が10分の設定になっている。朝日から昼。夕日。夜。

T1_20200328095301

| コメント (0)

VR Chatのわーるど(07)

VRChat のワールド(07)

海外ドラマ イギリスのBBCで「Doctor Who」というかなり長く続いているドラマがあるのですが、
その中でTARDIS(ポリスボックスという電話ボックスのようなもの)で時空を旅するというのがあります。
TARDISを操作することができるワールドがありました。

ワールド名:Tardis
レバーを動かすことができる。

T1

似たアバターが置いてある。
T1_20200328093701

T1_20200328093801

古いのもある。
T1_20200328093901

 

| コメント (0)

VR Chatのわーるど(06)

VRChat のワールド紹介

景色が綺麗なところ。
2020年の春はコロナウィルスの影響で外出を控えるようにとかいろいろ大変です。
VRだと影響はないです。

ワールド名:The Gazebo - by Nyboe

しだれ桜と夕日が綺麗です。

1

2

ワールド1:Last villa
HTC Viceのコントローラーでつかむことができるオブジェクト。
たき火の中に入っていた「おいも」を手に持つ。

3

ワールド名:Bless the Rains (サバンナのワールド。動物の背中にまたがって乗れます)

4

プレーヤーの後をついてくるわんこ。
VRだと実物大のわんこに見えます。
さわれないけど、せなかをなでなでするサーバルちゃん。

5

ワールド名:さくら公園
NPC の幼稚園児がかけまわっていたり、友達と一緒に遊んでいる。
手を握ってみるサーバルちゃん。

5_20200328092301

| コメント (0)

2020年2月16日 (日)

VR Chatのわーるど(05)

土曜日の夜(日曜日の午前xx時)

またVrchatで遊んで、ついでに動画を撮影していたので、Vegas movie studioというので編集してyoutubeにアップしました。
ソースネクストでVEGAS クリエイターズスイートというのをセットで割引をしているとのことで見てみたら19800円
になっていたのでVegas Pro 17も買ってしまいました(89%割引)。今は84%割引になってましたが...
この動画はmovie studioで編集しましたが、別のOSが入っているPCにVegas Proを入れました。

VR Chat。なかなか面白いです。ユーザーが作ったワールドがあり、映画やアニメの再現ワールドがあるので、VR機器をつけると
中に入った気になります。

ココナツとVR chatのわーるど訪問

Lua Neon City
ネコのNPCがそこらへんを歩いている。あとをついてくる子もいる)
忍者走りをしているネコ。

Coco3

ベンチで膝枕中のネコをなでなで。(ベンチにはVR chatで入った人は座れなかったと思います。現在のVR機器では実際に触れません)

Coco4

Bloom Palace (癒される場所) 何かのパーティ?
外にはどこかの景色が映っているが、どこか実在する場所なのかも。
テーブルの上のお皿に乗っているどーなっつで遊んでいるネコ。

Coco1

ほむほーむ(タマホームみたいな名前だが、魔法少女系アニメの部屋の再現)

Coco5

INCEPTION (映画。インセプションの再現)
車が回転して落下していくときの夢の中の再現。
VRゴーグルでやっている人は注意。見た目の景色が回転するので倒れそうになる。


ホテルの廊下が良く出来ている。

Coco2

Japanese sky inn「ryokan」(旅館)

Coco6


SPACE ELEVATOR (軌道エレベーター)
実際にあったらこんな感じなのかなというのがわかる。

Coco7

エレベーターで上昇中。
エレベーターの振動でココナツの胸がちょっとたゆんたゆんゆれている。

Coco8  

隣にいるご主人様によりかかり、甘えている風のココナツ。

  Coco9

| コメント (0)

2020年2月13日 (木)

VR Chatのわーるど(04)

youtube に動画をアップしました。

フェネックのVR Chatわーるど訪問(02) フェネックと宇宙デート
最初に録画したものは、Windowsのマウスカーソルが入っていたので収録をし直しました。

猫の子禁猟区

N01

N02


Tiki's Solar System

ねこみみの子はネコぱらの「ココナツ」を元にしているのかも…

U01

VR内のモニターに、木星付近からのカメラ映像を表示したところ。

U02

スペースシャトルの模型。
手を離すと…

U03

Tiki's Chill Space

U04

U05

ミニチュアの太陽系が浮かんでいるキラキラ空間。

U06

U07

テーブルの上の置物は「モービルコスモ」らしい
Photo_20200223091601

| コメント (0)

VRChat のわーるど(03)

VRchat のワールド紹介。

youtube に動画をアップしました。

以下にリンクを入れておきます。
フェネックのVR Chatわーるど訪問(01)

Loaf's Japari Park

いろんなけものフレンズのアバターがあります。
また部屋から出て上に行くと、かばんちゃんとサーバルが座っているベンチがあります。
木の上にもフレンズたちがいます。

F01


仲良くおしゃべりしているかばんちゃんとサーバルちゃん。
(声は入ってません)

 

F02

かばんちゃんとサーバルちゃんの間に座ってみた。
(実際には座れないので、座っている恰好で位置調整)

Fe3

Fe2

次。
Miko Paradise

F03

トークンを集めるとアバターが開放。

F04

F05

ピンク色の階段。

F06

ブランコがある。

F08

VR ゴーグル(HTC)をかぶっているので自分はフェネックの目線。
座れるブランコに乗ると視線が大きく揺れるので立っているのもつらい…

F07

空中に浮かび上下している椅子や、おおきなどーなっつがある。

F09

VR CHATだけではなく、Virtualcast というソフトも使ってみたくてWindows10のPCに入れたが起動しない。
画面に何も出ずすぐに終了してしまう。
なぜ?
Windows8.1のPCに入れるとエラー終了。

 

| コメント (0)

2020年1月26日 (日)

VRChat のわーるど(02)

VRChat のわーるど。

「Tiki」で検索して出てくるワールド。

Tiki's Chill Space

水面。それと銀河が見える星空。
建物はガラス張りで、次の部屋に移動すると太陽系のミニチュア模型が空中に浮かんでいる部屋に出る。
部屋の中にはパーティクルが表示されてキラキラしている。
癒される空間。

Vrchat_1920x1080_20200126_110023705

部屋の中には写真が飾ってあり、狐っ子?の写真がある。

Vrchat_1920x1080_20200126_105925904

 

 次。

けものフレンズ関連。
「Japari Park Snow World」
アバターを切り替えることができる。下はぎんぎつねにしたもの。

Vrchat_1920x1080_20200125_224157795

 

そして次。

「studio ghibli」 で検索すると…
出ました。
ラピュタ。千と千尋の神隠しなどが再現されているワールド。
巨人兵が手をふっている。

千と千尋のワールドに入るにはあることが必要。
ちょっとすると夕方になって…

Vrchat_1920x1080_20200126_101147691

Vrchat_1920x1080_20200126_101935357

いいことをすると…

Vrchat_1920x1080_20200126_102220686

トトロのおなか。

Vrchat_1920x1080_20200126_101356404

ムスカが乗っていそうな船。

Vrchat_1920x1080_20200126_102311363

| コメント (0)

VRChat のわーるど(01)

VRChat なるものをやってみました。
HTC の Vive を冬予算で購入。

アバターはBOOTHというところで2つ購入しました。
アバターは手に持っているコントローラーをさわるといろいろな表情ができる。
耳もぴくぴく動く。

まずはこれ。
VIRTUAL MARKET3」のアーカイブ(参番街)。
のらきゃっとさんのチャンネルで見て入ってみたくなったもの。
検索窓で 「VKET3」で検索。

中国のような雰囲気の町。
バーチャルなので看板が電子で浮かんでいる。
HTC Viveのようなゴーグルでも、PCのデスクトップアプリでも遊べるが、ゴーグルをつけると中に入った感じがある。

Vrchat_1920x1080_20200126_104623328

バーチャルマーケットの中にはなぜかセブンイレブンがある。

Vrchat_1920x1080_20200126_104211212

 

次のワールド。
宇宙がめったに行けるものではないので、宇宙関連で検索。
「Tiki」とか「Solar System」で検索すると出てくる。
宇宙ステーションみたいなのが浮かんでいて、そばに太陽系が再現されている。
部屋の中には大型ディスプレイがあり、ボタンを押すと部屋の中や木星の近くや誰かの移動中のところが映し出される。
部屋の中にはBGMが流れていて雰囲気が良い。
趣味も良い。

Vrchat_1920x1080_20200126_105723688  

 
Vrchat_1920x1080_20200126_105517747


Vrchat_1920x1080_20200126_105604963

等身大の置物がある。きつねっ子みたいなのがTikibro(かわいい)。


Vrchat_1920x1080_20200126_105032989

 

| コメント (0)

2020年1月11日 (土)

Windows7 の延長サポートを入れてみた(Windows 7 Extended Security Update)

自宅のPCにWindows7 の延長サポートを入れてみました(Windows 7 Extended Security Update)。

必要なもの

  • お金(7000円ぐらい。1PCあたり)
  • Windows7 が入っているPC (Professional か Enterprise。HOME はダメ)

自宅のPCは仮想化していて、Windows7 Enterprice (Volume Lisense版)を入れています。
小さな規模の企業でもOKということです(企業ではなくて個人ですが)。
Windows7 Professional (OEM版) でもOKですが、Ultimateは書いてないのでダメでしょう。
また、Windows7 Enterprise SAとかE3サブスクリプションユーザーは優待価格で購入できたみたい。
(私はSA有効なWindowsがあるので、安く買えたのかも)
VLSCから

私は npress というところで購入しました。

  1. カートに追加
  2. 見積もり依頼
  3. 銀行振り込みにてお支払い
  4. キーをPCへインストール

です。

https://www.npress.jp/ から「メニューのライセンス商品一覧」を選び、右のマイクロソフトをクリック。
 
Np1

Np2

Np3

Np4

道なりにボタンを押して見積もりに追加します。
一般向けか、教育機関向けか、政府機関向けかがありますが、普通は一般向けでいいでしょう。

あとは、お支払いをするとメールが来ます。

コマンドプロンプトでの作業です。
マニュアルも添付されてきますので、そのとおりにやればいいのですが、マニュアルをろくに読まずにやっちゃいました。
まずwindows updateが必要です。KB4516033 および KB4519972 に記載されているサービス スタック更新プログラム (SSU)が必要です。
不安なら最新にしておきましょう。

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で開く。
  2. slmgr -ipk 添付のキー
  3. slmgr -ato
  4. slmgr -dlv

です。-ipk の行でキーを入れる。-ato の行でMicrosoft と通信を行い認証する。-dlv はインストール後の確認です。
マニュアルではコマンドが違いますがこれでもできました。
上記の手順はVolume Lisense版のWindows に MAK キーを適用する手順と同じです。

W7

W7_2

Name Windows(R) 7 Client-ESU Year1 add-on forなんとかと出ればOKと思われます。
この後、ESUのライセンス認証をします。

slmgr -ato アクティベーションID

アクティベーションIDは赤枠の下にアクティベーションIDとして記載がある数字です。
これでESU自体のライセンス認証が終わります。
ライセンス認証済みの行が2行出てくることになります。
1つ目はESUのライセンス。
2つ目はWindows7 本体のライセンス。

 

 

| コメント (0)

2019年12月15日 (日)

Upconv Frontend 0.8.x 説明書

Upconv Frontend 0.8.x の簡略版の説明書です。

Upconv 0.8.x は Wave ファイルのサンプリングレートやビット数の変換を行うソフトです。
CD からリッピングした Wave ファイル等を 32kHz~768kHz に変換できます。
44.1kHz のファイルを 96kHz に変換するような非整数倍のサンプリングレートへの変換もできます。

  • ビット数を拡張することができ、いろいろなスムージング処理をすることができます。
  • 高域補間ができます。CD化などの時に失われた超高域部分に音データを付加し、自然な音にすることができます。

upconv は現在開発途中のため注意事項を必ずお読みください。


  • 開発途中版のためバグがある可能性があります。
  • 変換終了後のファイルに問題がある可能性があり、雑音が大音量で再生される可能性がありますので、
    変換後最初に聞く場合はかならず音声の音量を小さくして再生してください。
  • 音量が大きい音声ファイルで、低域を強調した場合は音がわれる可能性があります。
  • 変換時に作業用の大きなファイルを出力先のディレクトリに作成します。出力先には十分に空きがあるディスクを指定してください。
  • 複数の音声ファイルを同時に変換可能ですが使用メモリ量や PC のリソースに依存し、PC の性能によって同時変換数は異なります。

 


Upc4
本ソフトで変換したときの周波数ごとで見たときの波形です。
DSD128(DSD 5.6M) の元データを16kHz でカットしてからHFA3で高域補間をしたときのものです。
HFA3 Version 0.8.x 、ABE Version 0.8.x で Cut Low Level Dataは4のときのものです。
周波数軸に着目すると、16kHzより上の音は本ソフトで補完したデータです。
高い音は聞こえないはずですが、上記データを20kHz より上をカットして聞き比べると音の広がりや本物感?が違います。
おそらく、走っている車のタイヤをみると高速回転しているタイヤは遅い速度で回っている模様が見えるので、それと
同じように高い音が耳に聞こえるような低い音として認識しているのかもしれません。
マラカスのような高い周波数が含まれる音やトライアングル。ピアノなどの音色が綺麗に聞こえます。

 

» 続きを読む

| コメント (2)

2019年11月12日 (火)

upconv 0.8.x ソースコード公開ページ

フリーソフトの upconv 0.8.x(TEST版)を公開していますが、GPLなのでソースコード公開ページとして記載します。

upconv 0.8.x のソースコードは こちら から取得できます。

upconvのソースコードは upconv_src.zip と upconvfe_080 に分かれています。
upconv_src は変換本体です。
upconvfe_080 は変換をするプログラムを呼び出す GUI 部分です。

開発環境は windows で、msys2 (mingw64、mingw32)上で動作する gcc と embarcadero の RAD Studio (XE5 有償版)を使っています。
GUI 部分はRAD Studio の C++ Builder で作成しています。

upconv.exe は msys2 の mingw64かmingw32を開き、
upconv_src/upconv/build.shを実行するとビルドできます。

upconvfe.exeは
upconv_080の下にプロジェクトファイルがあるのでC++Builderから開き、
C++Builder からビルドできます。
C++BuilderにはC++Builder Community Editionがあります。

FFTを使用するサンプリングレートの変換方法を知りたい方は参考にどうぞ。
またupconvfe.exeのGUIの動きに興味がある方は参考にどうぞ。
(他のコマンドラインで動く変換プログラムのフロントエンドを作りたい方などの参考に)

upconv_080/Output/old_ver にはUpconv 0.0.3~のupconv_setup.exeが入っています。
それぞれのソースコードのバージョンは過去にPCがおかしくなったときに無くなってしまったのでありません。

 

 

» 続きを読む

| コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

フリーソフト - upconvfe 0.8.x のページ

フリーソフト upconvfe 0.8.x のページです。

[upconvfe 0.8.0とは]
音声ファイルのサンプリングレートを変換するソフトです。
ビット数を16から24,floatにしたり、指定周波数でカットした後、8kから10数khzの音を解析し、CD化のときに失われた高域を
付加することができます。
音のバランスが低域よりになってしまったCDなどの音に対して高域を付加することによりバランスが自然になり、
HFA3による高域付加にて音の広がりが増えます。
また変換時はFFTという音データを周波数軸のデータに変換してから、逆FFTにて元に戻す方法をとっています。
この方法だと44.1kHzの音を48kHzにするなどの非整数倍のサンプリングレート変換も、線形補間の処理をせずにできるため
安心して44.1kHzの音を192kHzに変換するなどができます。

DSFファイル(DSD)も読み込みwavファイルに変換できますが、DSDへの変換はできません(0.7.7.4はできましたが精度が良くないので無効にしました。コマンドラインで動くwav → dsfがあれば教えてください)

前のバージョンからパラメータの扱いを変更しており、設定値はデフォルトパラメータとして保存してあります。
C:\Programdata\upconv\upconv_default_01.txt … の名前です。
preset.dat と合わせて他の方へ設定値を配布するなどもできると思います。

MR.PC 2020年5月号にてupconvのソフトの紹介がされました(104ページ)。

Upconv Frontend 0.8.x のオンラインの説明書

サポート用。あるいは情報交換用の掲示板を開設しました。
掲示板はこちら -> 掲示板

過去のバージョン(0.7.x) へのページは こちら からどうぞ。


0.8.2j の調整中のテスト版を公開しました (2020/06/27)
upconvfe 0.8.2j の調整中のバージョンは こちら からダウンロードできます。
* MP4,WMA,OPUS のデコードに簡易対応(ffmpeg.exe 、 opusdec.exe が必要)
* Mid / Side 用処理の追加(Normal,Wide,Cutoff,Delay 1ms から100ms が指定できます)
* HFA Level に Auto を追加
   HFC が 15kHz より少ない場合などを考え、HFA2,3などで付加する音を HFC により自動調整
   するようにしました。MP3,MP4,WMA,OPUSの時はHFA LevelをAutoにするほうが良いです。
* 音量の箇所は修正検討中です。

   Mid / Side 処理は悩み中で、128kbpsより低いものは音声の圧縮によりいまいちな結果です。
   MP3,4など128kbps以上なら聞けるかなというところです(ファイルや音楽により変わると思いますが)。
   MP4のKisnou & Blure - Falling Deeper.mp4はDelay 30ms,10ms,Cutoff あたりが良さそう。
   いつも評価で使ってるファイルmp3はMid/SideのCutoffが良さそう(Vocalが聞きやすくなる)。
   Mid / Sideで付加する音が弱めた方がよいとかDelayを減らす、増やしたほうがいいとかあるかもしれません。
   (変になるものもある)

現在0.8.2j を準備中です。
ちょっと時間がかかると思いますが、MS処理(検討中)、opusdec.exeを使ったopusのデコード。
ついでにffmpegがある場合はmp4とwmaのデコード。
圧縮音源を変換したときのきんきん感をなんとかできないか(検討中)です。
デコード処理はファイルの中を見ずにデコーダーへ渡すようにしています。
(コンテナとかいろいろあるので大変。ライブラリをリンクしようかとも検討しましたが…)

0.8.2i を公開しました。(2020/05/24 15:46)
upconvfe 0.8.2i はこちら からダウンロードできます。
* ファイルの変換後に WAV ファイルの中(タグ)に使用したデフォルトパラメータを保存する機能を追加。
   (後から変換後のファイルを元にデフォルトパラメータファイルを復元できます)

旧バージョンは こちら からどうぞ。

0.8.2iでも0.7.x バージョンにあった以下の問題が残っています。
*2019年夏前に「アナログのクラックルノイズの様なプチプチ音が小音ながら混ざる...」と報告があったもの
  ノイズ原因がまったく不明のため修正できていません。
  Wavファイルのエディタで変換後の音を開いたときにどの部分が原因となっているかの特定ができていないためです。

upconv 0.8.x のページを整理しました。
コメントも多すぎなので古いものから非表示にしました。
また掲示板も整理しました。

□ おすすめの使い方
* DSFなどのハイレゾ音声ファイルを、本ソフトで高域補間してみる。
   元々の購入したもののほうが良ければそのままで、高域補間したほうが良ければ良いほうを聴く。
* WAV などの圧縮されていない音声ファイルや、Flac などの可逆圧縮音声ファイルを高域補間して聴く。
   CD は約20kHz までの音しか入っていません。最新の録音設備があるところでの収録では問題ないと思いますが、昔のもなどはマイクの性能により15kHz より上がきちんと入っていないかもしれません。本ソフトで高域補間すると良くなります。
* MP3や圧縮された音声ファイルの音を良くしたい
  かなり圧縮されてしまっているものは復元不可ですが、MP3の128kbpsなどは16kでカットされているものがほとんどです。
  その場合高域補間すると音が良くなります。またABE機能で音をなめらかにするので効果があります。
* MP4の動画の音を良くしたい
  圧縮されてしまっているので音質が下がっているものがあります。気にいったものを変換し、音だけのファイルを作るのもいいでしょう。
  ユーザーの方が音を本ソフトで変換し、映像と変換した音を一緒に再生する方法を見つけている方もいらっしゃいます。

□ 良くありそうなご質問
* Upconvfe にファイルを追加しても認識してくれません。
 ファイル名が長いか、機種依存文字が入っているため追加できていない可能性があります。
   ファイル名の〜や怪しそうな文字を削ってみてからためしてください。
* 変換後のファイルが途中で切れている。
   変換後のファイルが1GBを超えている場合は、分割されている可能性があります。
   ファイル名の末尾が_02.wavになっているファイルはないでしょうか。
   RF64で出力すると分割されません。
* 変換後のファイルが聞きずらい。きんきんした音になっている。
   圧縮された音源や、圧縮する際に高域がカットされることを前提として、高い周波数のところをイコライザで不自然に持ち上げている
   可能性があります。また海苔音源(音量が振り切っていて台形になっている)ものもあります。
   HFC を低くせず高め13kHz以上で変換すると改善することがあります(HFC Autoで起きる場合はAutoを使わずに)。
 今のUpconvfe は圧縮音源の変換は不得意です。
   高域補間したときの補間する音量が大きいので起きているのではと思っています。
   Volume Level Adjustを100%から下げる、またはHFA Levelの設定変更(Low)で直るかもしれません。
   wmaの96kbpsなどはきびしいです。mp3 などは128以上でしょうか。
* エラーで止まってしまう。
   ファイルの出力先のディスク空き容量が、変換中になくなっている可能性があります。
   変換中にExplorerでチェックしてはどうでしょうか。
   空きがない場合は空きがあるディスクを指定するか、upconvfeの設定で変換中のファイルの出力先を変更することができます。

Windows7 以降であれば動くと思います。
また仮想環境上で動くWindowsでも動きます。
何十年かしてPCのハードウェアもいろいろ変化すると動かなくなるのかわかりませんが、仮想環境の上で動かすWindows7,8.1,10であればかなり後でも動くのではと思います。
よく聞いているアメリカ映画のサウンドトラック。
映画のシーンの中、薄い壁を隔てた向こうが宇宙空間なので乗組員がうずくまっていると、主人公が地球の夜の虫の鳴き声や雷の音などの自然音が入った音をイヤホンで聞かせるというシーンがありますが、自然音もupconvfeにより高音質化すると音がリアルになります。
人類が宇宙に出て、地球の自然音を聞きたいときに変換した音を聴かせるというのもいいですね。
宇宙に関連する歩みは遅いので時間がかかると思いますが…

WindowsのPCでPCの再生デバイスから音を聴く場合は、再生デバイスのサンプリング周波数を変換後のファイルに合わせてください。
あわせないとWindowsのサンプリングレート変換処理が動くので音質が悪くなります。

Img_0625


◇ 寄付について
本ソフトは無償でご利用いただけます。
このソフトを気にいった方がいてぜひ寄付したい、今後の開発の応援をしたいという方は、
Amazonのギフト券をメールアドレス(「5941bo6575726f7061」の後に「@gmail.com」をつけたもの(かっこの中身をつなげたもの) へ送ると作者へ届きます。
寄付のほうも上記のアドレスに届いております。この場を借りてお礼を申し上げます。

Amazon ギフト券の購入は こちら できます。
受取人 のところにメールアドレスを入力すると作者へAmazonギフト券(email)のメールが届きます。
金額はデフォルトで10000円が指定されていますが、リンク先のAmazonの仕様のため金額は変更してください。
日本円で15円から購入できます。もし間違って0を多く入力してしまった場合や金額を間違ったなどがあればご連絡ください。
寄付などにより開発の依頼や機能追加は受け付けません(個人で開発しているもののため)。
開発で使用しているノートPCが2012年のものだったり、ヘッドホンの頭あてが壊れてたりします。
それらの購入のアテにしたいと思います。
寄付の案内について別の良い方法があれば変更するかもしれません。また問題があれば削除するかもしれません。

» 続きを読む

| コメント (9)

2018年12月 9日 (日)

Windows PE 10 メモ

Windows PE 10 メモです。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

仕事で使う Windows10 の設定メモ(2)

仕事で使う Windows10 の設定メモです。
設定を変更してPCで使いやすいようにします。
今回は日本語入力を切り替えるたびに画面の中央に「あ」や「A」が表示されるのがわずらわしい場合の設定変更方法です。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

«仕事で使う Windows10 の設定メモ(1)