« LifeTouch Noteを購入 | トップページ | リカバリーモード時のadb接続 »

2011年3月26日 (土)

mmcblk3の領域

LifeTouch Noteの内蔵ディスク領域を調べてみた。
カーネルコマンドラインに渡されているパラメーターにtegrapartというのがある。
以下はその抜粋

tegrapartの内容

  • pt:600:80:800
  • bootloader:680:400:800
  • fdt:1180:12c00:800
  • recovery:13d80:a00:800
  • boot:14800:1000:800
  • mbr:b80:200:800
  • system:15880:18000:800
  • cache:2d900:12c00:800
  • misc:d80:400:800
  • staging:40580:1f400:800
  • userdata:5fa00:35b600:800

内部で実際にマウントしているディレクトリはこれ
/dev/block/mmcblk3p6    /system
/dev/block/mmcblk3p9    /data
/dev/block/mmcblk3p7    /cache
/dev/block/mmcblk3p1    /misc

mmcblk3のパーティションテーブル(LBAで記載、SIZEはセクタ)

  • P1:Linux(83h)、LBA:00000800、SIZE:00001000
  • P2:Linux(83h)、LBA:00001800、SIZE:0004B000
  • P3:Linux(83h)、LBA:0004C800、SIZE:00002800
  • P4:拡張(05h)、LBA:0004F000、SIZE:00EA6240

拡張パーティションの中身(LBA)

  • P5:Linux(83h)、LBA:0004F200、SIZE:00004000
  • P6:Linux(83h)、LBA:00053400、SIZE:00060000
  • P7:Linux(83h)、LBA:000B3600、SIZE:0004B000
  • P8:Linux(83h)、LBA:000FE800、SIZE:0007D000
  • P9:Linux(83h)、LBA:0017BA00、SIZE:00D6D800

P6に/systemが入っているはずなので
tegrapartのsystemをバイト位置にすると0AC40000
P6をバイト位置にすると0A680000
うーん合わない。
じゃtegrapartのmiscをバイト位置にすると6C0000
P1をバイト位置にすると100000
違う。

ANDROIDのimgを探してみた(ヘッダがANDROID!)。
すると、recovery.imgはP3に、boot用カーネルとrootfsはP5にあるのがわかった。
P6は/systemなので、これらをバックアップしておけば安心だろう。
P3の内容と、P5の内容にはzImageやrootfsがあるので抜き出して改変することも可能か。


« LifeTouch Noteを購入 | トップページ | リカバリーモード時のadb接続 »

LifeTouch Note」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: mmcblk3の領域:

« LifeTouch Noteを購入 | トップページ | リカバリーモード時のadb接続 »