« LTN用Debian(Lenny)配布ページ | トップページ | Windows Tablet (ONDA V919 Air Gold) その1 »

2014年7月 3日 (木)

SSDでRAID(1)

今使用しているPCはThinkpadのW520という機種で、購入してからある程度たちました。
なので、そろそろ新しいPCをと思ってThinkpadかなと思っておりましたが、
ほしいのがなくて、デスクトップPCを自作でもしてみようかなと。
どうせなら、ストレージ部分にお金をかけてみようと。
SSDのRAID構成にしてみました。

今使っているノートPCの使い勝手が良いので、ノートPCからデスクトップPCに
リモートで接続して使うこともありかな。

なので、デスクトップPCはESXiを入れて仮想化し、複数のバージョンのWindowsを
使えるようにしたい。
どうせならゲームもしたい。

というわけで。
Windows 8.1 Pro DSPを2つ購入しそれにSAをつけての運用とすることにしました。
(SAの特典により、仮想環境で4つまでWindowsをアクティベーションして使える)
仮想環境で動かす場合でもライセンスは1ついるので、SAをつけたほうが安上がり。

SAをつけるにはWindows Enterprise アップグレードを購入しそれに付帯させるか、
OEM 製品およびパッケージ製品の購入後 90 日間以内にSAを付帯させるかになります(あるいはPC購入)。
90 日ルールが2014/7/1で廃止になったので6月中にWindows 8.1 Proを購入してSAも申し込んでしまいました(6月中にPCを購入したり、パッケージを買った人ならWindows購入から90日以内ならSAを単体で 購入してWindowsに付帯させることが可)。

構成は以下のとおり。

  • マザボ(ASUS Maximus VII GENE MicroATX)
  • CPU(Core i5-4590)
  • メモリ16GB(DDR3 2133MHz)
  • グラボ(AMD RADEON R9 280X)
  • NIC(Intel 82574L 新たに購入)
  • RAIDカード(Areca ARC-1224-8i)
  • RAIDカード(Areca ARC-1883-i)
  • SSD(Crucial M500 120GB ✕ 8)
  • SSD(A-DATA mSATA SSD 64GB ESXi 起動用)
  • SSD(SSD 840 EVO 120GB Win予備)
  • ケース(Silver Stone Sugo M-ATX 白)
  • 電源(玄人志向 500W電源 Platinum)

中身。
SSDとの接続はRAIDカードのMiniSASポートから4分岐のSATAケーブルを使用。
グラボでかい。

R0026802

RAIDカードはARECAのARC-1224-8i。

SSD 8台だとパフォーマンス不足を感じるので買い替え。

R0026801

SSD 6台を5インチベイにいれることができるものも同時に購入。

R0026803

仮想環境に入れたWindows 8.1は、グラフィックボードをパススルー出力してディスプレイに表示させることにも成功し、バトルフィールド4というゲームも起動することが確認できた。

W8

ストレージのパフォーマンスも仮想環境だから遅いということもなく高速(1台だけなので)。

SSD 4台でこのぐらいは行くだろうと思ったら、SSD 8台での1000ちょっと。

設定が悪いのかもしれない。でもすごく高速。Windows 8.1の起動もすぐ。

1224

RAIDカードは土曜日に届くので入れ替えてみる予定。

« LTN用Debian(Lenny)配布ページ | トップページ | Windows Tablet (ONDA V919 Air Gold) その1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SSDでRAID(1):

« LTN用Debian(Lenny)配布ページ | トップページ | Windows Tablet (ONDA V919 Air Gold) その1 »