« Windows Tablet (ONDA V919 Air Gold) その2 | トップページ | Y_LAB_仕分け1 »

2017年4月24日 (月)

絶縁トランス

絶縁トランスを使用してみる

絶縁トランスとは、電源の入力と出力が分離されているもので、家庭用の AC コンセントと AV機器の間に入れて使用します。
絶縁トランスを入れることにより、家庭用 AC 電源に存在する各種ノイズが遮断され、絶縁トランスを通した電源を使用すれば音質が良くなるとのことです。

私が絶縁トランスを使ってみたいと思ったきっかけは、かないまる氏のホームページの "PS3 でいい音出そう"ページの絶縁トランスを製作している記事を読み、どんなものかを試してみたくなりました。

作成方法

!!!注意!!!
本工作は、家庭用の AC 100V を扱いますので、非常に危険です。製作中に感電、やけど、改造中のミスによる発火、または使用中の不注意によるショートの可能性があります。本サイトの作者は一切保障、損害賠償の責任を負いませんので、ご注意下さい。

絶縁トランスの作成方法や、購入方法は、"PS3 でいい音出そう"のページにあるのでそちらを参照して下さい。

私も"PS3 でいい音出そう"のページにあるのと同じトヨデンの300VAの絶縁トランスを購入し、作ってみました。
絶縁トランスは通信販売で購入し、その他に必要な部品(ACタップ、1次側に入れるヒューズ、銅の単線)は最寄の電気店や電子部品を扱っている店で購入しました。
絶縁トランス用のケースもそのままむき出しで使用していると危険なので必要になりますが、まだ作っていないので、100円ショップで売っていた缶ジュース用の入れ物に一時的に入れています。
Power_300va

結果

絶縁トランスの1次側をコンセントと接続し、ACタップについているスイッチを入れスイッチのランプが付くことを確認し、
プレーヤーとスピーカーを絶縁トランスの2次側についているタップのコンセントと接続し電源を入れました。
特に問題なく動作しましたので、CD をかけてみると、いい音になったようです(プラシーボ効果で良くなったと思い込んでいるのかも)。
音がきれいになったというか、普通にコンセントで接続するより、こっちのほうが良い気がします。
もっと本格的なシステムで聞くと違うのかもしれませんし、まだいい音はどのようなものかもわからないのがありますが、
オーディオ機器の中には絶縁トランスを内蔵しているものもあるみたいなので効果はあるのでしょう。