« Upconv Frontend 0.8.x 説明書 | トップページ | VRChat のわーるど(01) »

2020年1月11日 (土)

Windows7 の延長サポートを入れてみた(Windows 7 Extended Security Update)

自宅のPCにWindows7 の延長サポートを入れてみました(Windows 7 Extended Security Update)。

必要なもの

  • お金(7000円ぐらい。1PCあたり)
  • Windows7 が入っているPC (Professional か Enterprise。HOME はダメ)

自宅のPCは仮想化していて、Windows7 Enterprice (Volume Lisense版)を入れています。
小さな規模の企業でもOKということです(企業ではなくて個人ですが)。
Windows7 Professional (OEM版) でもOKですが、Ultimateは書いてないのでダメでしょう。
また、Windows7 Enterprise SAとかE3サブスクリプションユーザーは優待価格で購入できたみたい。
(私はSA有効なWindowsがあるので、安く買えたのかも)
VLSCから

私は npress というところで購入しました。

  1. カートに追加
  2. 見積もり依頼
  3. 銀行振り込みにてお支払い
  4. キーをPCへインストール

です。

https://www.npress.jp/ から「メニューのライセンス商品一覧」を選び、右のマイクロソフトをクリック。
 
Np1

Np2

Np3

Np4

道なりにボタンを押して見積もりに追加します。
一般向けか、教育機関向けか、政府機関向けかがありますが、普通は一般向けでいいでしょう。

あとは、お支払いをするとメールが来ます。

コマンドプロンプトでの作業です。
マニュアルも添付されてきますので、そのとおりにやればいいのですが、マニュアルをろくに読まずにやっちゃいました。
まずwindows updateが必要です。KB4516033 および KB4519972 に記載されているサービス スタック更新プログラム (SSU)が必要です。
不安なら最新にしておきましょう。

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で開く。
  2. slmgr -ipk 添付のキー
  3. slmgr -ato
  4. slmgr -dlv

です。-ipk の行でキーを入れる。-ato の行でMicrosoft と通信を行い認証する。-dlv はインストール後の確認です。
マニュアルではコマンドが違いますがこれでもできました。
上記の手順はVolume Lisense版のWindows に MAK キーを適用する手順と同じです。

W7

W7_2

Name Windows(R) 7 Client-ESU Year1 add-on forなんとかと出ればOKと思われます。
この後、ESUのライセンス認証をします。

slmgr -ato アクティベーションID

アクティベーションIDは赤枠の下にアクティベーションIDとして記載がある数字です。
これでESU自体のライセンス認証が終わります。
ライセンス認証済みの行が2行出てくることになります。
1つ目はESUのライセンス。
2つ目はWindows7 本体のライセンス。

 

 

« Upconv Frontend 0.8.x 説明書 | トップページ | VRChat のわーるど(01) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Upconv Frontend 0.8.x 説明書 | トップページ | VRChat のわーるど(01) »